障がい者(児)の方の生活支援 特定非営利活動法人 あんさんぶる 兵庫県伊丹市

障がいのある方が、地域で生活するうえで困ることのないように、生活・居宅介護等様々なサービスを提供します。

Grn

HOMEブログページ ≫ 今後のあんさんぶるの事業開始について ≫

今後のあんさんぶるの事業開始について

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。また4月12日からのコロナウィルス感染防止に伴う臨時休業に伴い、皆様には多大なるご迷惑とご心配をおかけして申し訳ございませんでした。休業中に今後の事業の方針などを話し合った結果、勝手ではございますが、緊急事態宣言中の生活介護や他のサービスによる共用スペースの利用制限をすることで、感染防止に努めたいと考えています。利用制限の内容としまして、共用スペースには5人以上の利用はしないことと、入浴をメインとした2時間ほどの時間制限(10時から12時と13時から15時)で開始したいと考えております。余暇的な活動の利用者様には申し訳ないのですが、感染防止のためのご自宅での自粛をお願いしたいと考えております。
 
あんさんぶるの緊急事態宣言中の対応としては感染予防の徹底(具体的には出勤時手指の消毒、検温、手洗い・うがい(食事介助時はシールド又はゴーグル・手袋使用)を基本として対応したいと考えております。感染防止の観点から、スタッフや利用者様のご本人とご家族にも発熱などある場合も出勤や利用を控えていただくように対応させていただきます。
 
 以下事業ごとの具体的な対応方針になります。
  • 本部荒牧南の利用のイメージ(生活介護と移動支援・重度訪問介護・行動援護など)
生活介護では、感染予防などを第一に考えて、部分的な開所を予定している(短時間かつ利用者さんの人数制限と入浴の方優先)午前(10時から12時) 午後(13時から15時) の2時間程度の利用でお願いし、余暇的なご利用の方には緊急事態宣言中は、自宅で自粛をお願いしたいと考えています。
夕方からの時間帯も共用スペースには5人以上にならないような形をとり、入浴の依頼などを中心にご利用を制限してお受けしたいと考えています。
移動支援や行動援護などの公共交通機関など使用する外出に関しては、緊急事態宣言の間はお断りさせていただきます。
 
  • 居宅介護は通院などを含めて全面的に再開し、ご自宅に入る前後に消毒の徹底などする。体調が悪いご家族や利用者様がいる際には、お断りをお願いします。スタッフもマスクやゴーグルなど着用し、感染のリスクを最大限減らすように努めます。
 
緊急事態宣言が解除されれば、今まで通りのご依頼でお受けしたいと考えております。
 
  • しゃるーる(グループホーム)は基本的には全面開所で考えています。
ご自宅への帰宅などを制限することはありませんが、ご家族等に感染や疑いのある時や、ご本人に症状などがあるときは、医療機関や保健所などとも相談の上とさせていただきます。
 
  • 相談支援は電話連絡を基本として、計画書の押印なども時機を見て、押印をお願いするようにしたいと考えています。相談の電話などはお気軽にご連絡いただければと思います。
 
 感染拡大防止を優先として対応とさせていただくため、ご利用の皆様には、ご不便な思いをお願いして申し訳ありませんが、体調管理に留意して頂き、終息に向けての行動をお願いしたいと考えております。よろしくお願いいたします。
 
理事長   井ノ上 勇二郎
 
2020年04月23日 16:17
NPO法人あんさんぶる 〒664-0008
兵庫県伊丹市荒牧南2-22-30
072-770-5222

モバイルサイト

NPO法人あんさんぶるスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら